Q:訪問マッサージってどんなことをするの?
A.医療保険でのマッサージ治療を、ご自宅又は施設内で受けられます。ご利用者様のご自宅を訪問し、医師の同意書に基づいたマッサージやリハビリを行います。 当院では、施術前に問診を行い、その日の体調があまり良くないようなら施術を中止する場合があります。

Q:マッサージはどんな効果があるの?
A.血液の循環を促進して筋肉をほぐし、痛みや麻痺の症状を和らげます。筋肉をほぐすことでこわばった関節の動く範囲の拡大が望めます。また、適切なツボを刺激することで、自律神経のバランスをよくする効果があります。

Q:リハビリはどんな効果があるの?
A.食事や更衣、排泄などの日常生活動作(ADL)の維持・向上を目的として行ないます。 関節の可動域改善やオムツを替え等の介助が楽になったとのお声を戴いています。 関節可動域訓練(関節の動く範囲を広げる訓練)、筋力増強訓練、座位保持(座ったままの姿勢を保持します)、離床訓練(ベッドから立ったり移動したりします)などを行います。

Q:介護保険でサービスを受けています。訪問マッサージが受けられますか?
A.はい、可能です。訪問マッサージは介護保険を利用して受けるサービスとは異なります。 医療保険(健康保険)を使います。介護保険の訪問リハビリ、デイサービスとも併用できます。 ですから、介護保険の範囲を気にせずに訪問マッサージを受けることが可能です。

Q:病院の治療を受けていても訪問マッサージに保険は利くのですか?
A.はり、きゅうの場合は同じ病名での保険治療は行えませんが、訪問マッサージの場合は病院の治療と併用が可能です。

Q:同意書とはどのようなものですか?
A.同意書は医師にマッサージが必要であることを証明していただく診断書のことです。 同意書を発行してもらうことにより、医療保険(健康保険)を適用してマッサージ治療が受けられます。 同意書用紙はカウンセリングの際に担当スタッフがお持ちいたします。

Q:同意書の取得はどのようにすればいいのですか?
A.基本は、ご本人がマッサージ治療の意向を主治医にお話しして、同意書に記入していただきます。 但し、お体の状態やご都合によりどうしても行けない場合、当院では無料にて代行致します。利用者様には健康保険証又は受給者証を確認させて頂き、当院への委任状を書いて頂くだけで代行可能です。

↑一番上へ









Q:保険で行うマッサージには期間や回数制限はありますか?
A.基本的に期間や回数制限はありません。3か月ごとに医師の同意書を更新する必要があります。 ご利用者様の体調や症状により、求めに応じて施術をいたします。

Q:マッサージの時間はどのくらいですか?
A.おおむね20分程度です。 一度に長い時間を行うより、適量の治療を定期的に行う方が効果的である為です。

Q:1回20分を超えるマッサージを希望したいのですが?
A.20分を超えると、10分ごとに1,500円の実費でお承ります。但し、ご高齢者やご病気の方が対象ですので、20分のマッサージの回数を増やした方が、お体にかかるご負担的にも、料金的にもおすすめです。

Q:脳梗塞の後遺症にはどのような施術をするのですか?
A.マッサージにより筋肉の血行を改善し、拘縮を起こしている関節周囲の筋、靭帯をゆるめて関節可動域を広げる為の可動域訓練を行います。同時に筋力をつける運動も行っていきます。

Q:寝たきりですが、マッサージは必要ですか?
A.必要です。寝たきりの状態が続きますと、関節が硬くなり、可動域の制限が起こってきます。 同時に、心配されるのが筋力の低下です。またいつも同じ姿勢をとる事により血行障害が起こり、褥瘡(床ずれ)ができます。これらの問題に対し、マッサージ治療で、血行の促進、筋力の低下、関節の拘縮の予防に努めます。

Q:寝たきりの方へはどのような施術をするのですか?
A.寝たきりになってしまった患者さんは関節がすぐに硬くなり、動かすことで痛みを伴います。そのまま放置しておくと廃用性症候群を誘発したり、オムツ交換が困難になったりと様々な問題が発生します。そのため、関節拘縮の予防と改善が必要です。また定期的な施術でコミュニケーションを図ることで、精神的負担の軽減にも取り組みます。さらに、介護者の負担軽減につながっていきます。 我々はこれが一番重要なことだと考えています。

Q:どのような方がマッサージしてくれるのですが?
A.マッサージの国家資格取得者(あん摩マッサージ指圧師)がお伺いさせていただきます。 当院では現在、視覚障害のマッサージ師と同行員計2名でお伺いさせて頂いております。 同行員はご利用者様の補助業務にあたります。

Q:マッサージは初めてなので不安ですが・・・?
A.ご安心ください。強いマッサージや激しいリハビリはいたしません。ご利用者様の状態や体調に合わせて、やさしく愛護的に施術いたします。当院では、マッサージの無料体験、カウンセリングがお試し いただけます。(お試しには料金はかかりませんのでお気軽にご相談ください。)

Q:介護施設内でも受けられるの?
A.はい、可能です。特別養護老人ホームやケアハウス、有料老人ホームなどでの施術も行っています。

Q:週に何回位受けるのがいいの?
A.もちろん個人差はあると思いますが、ほとんどの方がリハビリのやり方やペースをつかむために 週3回から2回で始める事をおすすめしています。症状がよくなってから、だんだんと減らしていくのが理想です。

Q:来てもらうのに何か用意するものはありますか?
A.特にありません。楽な普段着でいていただければ大丈夫です。

Q:来た際に他の家族も施術してもらえるの?
A.はい、大丈夫です。10分ごとに1,500円の実費でお承ります。 但し、施術者の予定が空いている場合のみとなります。

Q:部屋が狭くて汚いのですが大丈夫ですか?
A.たたみ一畳分あれば治療は可能ですので、気を使わなくても大丈夫です。

Q:ケアマネージャーに相談しなくていいのですか?
ケアマネージャーさんは、利用者様にとっての大事な方ですからできればご相談ください。
しかし、直接こちらにお電話してくださっても大丈夫です。その場合は、こちらから担当のケアマネージャーさんに連絡を致します。当院では、多くのケアマネージャーさんと常に交流しており、利用者様の 病態に関する報告を月1回程させて頂いております。

↑一番上へ









Q:どんな人が受けられるの?
A.筋肉の麻痺や関節の拘縮などの症状があって、歩行がつらい、困難な方や寝たきりの方、医師により医療マッサージの必要性が認められた方が対象です。 脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)、脊髄損傷後遺症、骨折術後の後遺症、リウマチ、 パーキンソン病、変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症、筋萎縮、関節拘縮、筋力低下等、病気のため日常生活が困難な方等です。詳しくはお問合せ下さい。

Q:決まった病名がついていないと受けることが出来ないの?
A.いいえ。マッサージの適応は一律にその診断名によることなく麻痺、関節の拘縮等があり、 医師からマッサージを必要とすると認められた場合です。適応症状はあっても病名には規定はありません。ですから、訪問マッサージを受けたい場合は、一度かかりつけの先生に相談してみるといいと思います。 また同意書交付のための質問や相談も当院まで気軽にご連絡ください。

Q:受けられる年齢はいくつですか?
A.年齢に決まりはありません。何歳であっても医療上必要であると認められた方はご利用できます。

↑一番上へ









Q:費用はどれくらいかかりますか?
A.医師の同意書により健康保険が適用されますので、自己負担はごくわずかです。 老人医療保険で1割負担の場合、1回あたり300円〜500円程度です。(マッサージ部位・往診距離によって多少異なります。) 障害 1級 2級(医療費受給者証)持参の方なら公費負担助成が受けられます。

Q:治療費とは別に往診料金が、かかりますか?
A.いいえ。1回あたりの料金の中に往療料・交通費も含まれますので別途にいただくことはありません。

Q:それ以外で料金がかかりますか?
A.いいえ。書類の申請やサービス料など一切かかりません。

Q:お金はいつ払うのですか?
A.基本的に1ヶ月に1回まとめてのお支払いです。月末締めですので、月初めに前月分を現金にてお支払いいただきます。(自己負担分のみ)

Q:生活保護をうけていますが料金がかかりますか?
A.生活保護を受けている方の自己負担金はかかりません。(要審査)

↑一番上へ